さりげない輝きをまとう

ロイヤルウエディングなどでも注目を浴びているのが、モダンクラシカルな花嫁姿です。シンプルシックなドレスにベールや上品なアクセサリーを合わせた正統派の装いながら、こまやかなディテールで、個性やモダンさをプラスしていくことがポイントですよ。たとえば、ひねりのあるオフショルダーのドレスにベールにきらりと輝くブレスレットを合わせましょう。

上品な光沢感を取り入れて

ドレスは、シルクやサテンなど、ハリと上品な光沢感のある素材を選ぶことが重要です。スカートが程よく広がるシルエットと華美な装飾のないシンプルなデザインにすることで、タイムレスな美しさを醸すことができます。胸元や袖のデザインで自分らしさを表現しましょう。たとえば、くるみボタンのついたハイネック&長袖のオーセンティックなデザインが新鮮なドレスや立体的な胸元のカットが洗練された雰囲気と優美な輝きを放つシルクドレスなどもいいでしょう。ほかにも、海外でも高い人気を集めるオフショルダーデザインなどもよく、胸元をハートカットのものにして、デコルテラインをより美しくみせていきます。

モダンクラシカルなスタイルは、上品さがポイントになりますので、繊細でさりげなく輝きを放つアクセサリーで優美なアクセントを添えるのがコツです。デコラティブすぎないサイズを選ぶことで、花嫁自身やシンプルなドレスの美しさが際立ちます。清楚な魅力を放つパールクリスタルのイヤリングやパールとクリスタルが交互に配されたデザインのカチューシャ、シンプルなパンプスにビジューのシュークリップをオンするなどしてコーディネートしていきましょう。

結婚式は、女性にとっては一生の思い出に残る日です。それゆえ、式選びは重要になります。大阪の結婚式場に下見にいってみませんか?